ギフト

香典返しを効率よく済ませよう|ネットでの注文が便利です

葬儀後のお返し

贈り物

家族が亡くなると葬儀を行ないますが、その際に参列者から香典を頂きます。香典は、故人の冥福を祈ると共に、霊前に供える金品のことを言うのですが、香典を頂いたら後日お返しをしなければいけません。本来であれば香典返しをする必要はありません。しかし、礼儀を尊重する国民性から、頂いた物にはしっかりとお返しをするのが当たり前となっていて、香典返しは一般的な慣習となっています。通常、香典返しは四十九日の忌明け後に行なうもので、挨拶状と一緒にお礼の品物を贈ります。忌明けの時期というのは宗教によって変わるのですが、国内で最も多い仏式の葬儀の場合は四十九日の法要後、神式の場合は五十日祭の後に香典返しをするのが基本です。また、香典返しをする際、品物の金額に悩むことがありますが、半返しを目安にすると良いでしょう。

香典返しの品物を選ぶ際、初めてだとどのような品を選ぶべきか分からないはずです。古くから、香典返しにはお茶やのり、石鹸、干物といった商品が選ばれていたのですが、最近では香典返しの品もバリエーションが増えていて、シーツやタオル、商品券やカタログギフトを選ぶ人も数多くいます。しかし、香典返しというのは弔事であるため、あまり偏った品物を選ぶ必要はなく、むしろ定番の日用品を贈った方が無難です。また、香典返しの品には、黒と白ののしをつけるのですが、表書きには志という字を書くようにしましょう。そして、のしの下部には喪家の姓か、喪主の名前のみを記入するようにします。